THE画像加工[色変換] 指定した色をすべて他の色に変えます。離れた場所にあっても同じ色ならすべて変わります。 
ダウンロード→ colorchange.zip (168KB)

画像の表示 

画像を次の3つのいずれかの方法で画面に表示します。

 ①メニューバーの「ファイル」→「画像読込」をクリックして、読み込む。
 ②フォルダにある画像ファイルをフォームにドラッグ&ドロップする。
 ③他のソフトでコピー(クリップボードに保存)したものを貼り付ける。
  ・メニューバーの「画像貼付」をクリックする。
  ・Ctrlキーを押しながらVキーを押す。

色の指定  

色の指定

 画像(拡大鏡の中の画像も)をクリックするとその色が他の色に変わる。
 色が連続せず、離れていてもすべて変わる。

 ただし、
 「□拡大鏡内だけ変換」にチェックを入れると全体の画像ではなく、
 拡大鏡内の画像だけ変換される。文字の中の小さな空白がいくつかある
 ときなどに便利。


 拡大鏡は倍率を変えることができる。
 をクリックするたびに、「5倍→10倍→拡大鏡を閉じる」を選択できる。

    
 

 離れたところにあってもすべて変わる。



 拡大鏡内で利用する。
  減色

 2色(白黒)に減色
 メニューバーの「機能」→「減色(白黒2色)」をクリック。
 
濃さは5段階。濃いは黒の部分が多い。

 256色以下に減色
 
メニューバーの「機能」→「減色(256色)」をクリック。
 フルカラーの画像を256色以下に減色できる。
 gifは色数が256色以下なので画像を一度gif形式で保存し、再読込をして
 いるだけです。(画像をgif形式で保存するのと結果は同じ。)
 色数が少なくなるので、色の変更が楽になります。

画像・拡大図の移動

画像の移動

 ①画面のどこでもマウスのボタンでドラッグする。
 ②画面のどこでもCtrlキーを押しながらマウスボタンでドラッグする。
   (マウスのボタンを使いたくないとき)
 ③→←↓↑キーを押すと1ドットずつ移動する。

拡大鏡の移動
 拡大鏡自体をマウスのボタン、または拡大鏡の左上のをドラッグ
 して画像の上に移動する。
   

その他  

元に戻す 
 メニューバーの「元に戻す」をクリックすると3つまで前に戻せる。

変換後の色の選択
 ①画面右上にある「変換後の色」の右にある正方形の色をクリックすると、
  色パネルが現れるので選んで、クリックする。
  RGBを入力して色を作ることもできる。
 ②画像または拡大鏡の中の画像をマウスホイールでクリックするとその
  地点の色が変換後の色になる。色パネルをクリックしなくてもいいので
  便利。
 
画像のコピー
 クリップボードにコピーして他で貼り付けることができる。
  ①メニューバーの「画像コピー」をクリックする。
  ②Ctrlキーを押しながらCキーを押す。

画像の保存
 
画像を「ファイル」→「画像保存」で保存する。

 
何らかの理由で保存できないときはファイル名を変えるか、コピーして
 ペイントなどに貼り付けて保存してみてください。


操作説明

 画面に簡単な説明文が現れる。 表示しないようにできる。

動作環境 WINDOWS 8/10
作成ソフト VISUAL BASIC 2019
公開 2020/2/21
ソフトを使用して生じるいかなる損失や損害等に対して一切責任を負うことはできませんのでご了承の上ご使用下さい。