マウスで 年・月・日のそれぞれのバーをドラッグして左右に移動 →使用方法・解説
  「ユリウス暦」「グレゴリオ暦」「世紀」などのボタンはクリック  




西暦は、1582年10月4日まではユリウス暦、次の日からはグレゴリオ暦が採用される。 (ユリウス暦の1582年10月5日はグレゴリオ暦では1582年10月15日)。 「ユリウス暦」「グレゴリオ暦」をクリックすることにより、どちらの暦ででも変換可能。
 
旧暦は明治5年12月2日まで使われていた。 その翌日からグレゴリオ暦に改暦し、12月3日を新暦の明治6年1月1日(1873年1月1日)に改めた。 1873年以降に現れる「旧暦」「新暦」ボタンの「旧暦」をクリックすると、改暦しなかった場合の旧暦を表示。
 
元号のない時代は、天皇の即位後の年紀(天皇名)で代用。 
 
南北朝時代(1331年〜1392年)は北朝・南朝の元号を併記。 [  ]内が南朝。
 
明治以前は、改元が布告されるとその年の元日に遡って新元号にする(立年改元)か、次の年の元日から新元号にする(越年改元)ことが多かったが、ここでは改元布告日がわかるように布告された日から新元号の元年とする(即日改元)形式をとった。 
ちなみに明治は立年改元、大正と昭和は即日改元、平成は翌日改元。
*改元布告日に関しては不明、不確実なものもあり、すべてが正しいとはいえません。
 
時代によっては、その始まりと終わりの年に諸説あり、西暦バーできちんと色分けされていない部分があります。
  



元号一覧  (検索するときにコピーして貼り付けすると便利です。)
安永 永和 応和 寛仁 慶長 元中 弘仁 昭和 正暦 長和 天正 文永 宝永
安元 永祚 嘉永 寛政 建永 元徳 弘長 神亀 正和 貞永 天長 文応 宝亀
安政 延応 嘉応 寛正 建久 元文 弘和 神護景雲 斉衡 貞応 天徳 文化 宝治
安貞 延喜 嘉吉 寛徳 建治 元暦 至徳 仁安 大永 貞観 天福 文亀 宝徳
安和 延久 嘉慶 寛文 建仁 元禄 治安 仁治 大化 貞享 天文 文久 宝暦
永延 延享 嘉元 寛平 建長 元和 治承 仁寿 大治 貞元 天平 文治 万延
永観 延慶 嘉承 寛保 建徳 康安 治暦 仁平 大正 貞治 天平感宝 文政 万治
永久 延元 嘉祥 寛和 建武 康永 朱鳥 仁和 大同 貞和 天平勝宝 文正 万寿
永享 延長 嘉禎 観応 建保 康応 寿永 正安 大宝 天安 天平神護 文中 明応
永治 延徳 嘉保 久安 建暦 康元 承安 正応 長寛 天永 天平宝字 文保 明治
永承 延文 嘉暦 久寿 元永 康治 承応 正嘉 長久 天延 天保 文明 明徳
永仁 延宝 嘉禄 享徳 元応 康正 承久 正慶 長享 天応 天明 文暦 明暦
永正 延暦 乾元 享保 元亀 康平 承元 正元 長元 天喜 天養 文禄 明和
永長 応安 寛永 享禄 元久 康保 承徳 正治 長治 天慶 天暦 文和 養老
永徳 応永 寛延 享和 元亨 康暦 承平 正中 長承 天元 天禄 平治 養和
永保 応仁 寛喜 興国 元慶 康和 承保 正長 長徳 天治 天和 平成 霊亀
永万 応長 寛元 慶安 元弘 弘安 承暦 正徳 長保 天授 徳治 保安 暦応
永暦 応徳 寛弘 慶雲 元治 弘化 承和 正平 長暦 天承 白雉 保延 暦仁
永禄 応保 寛治 慶応 元仁 弘治 昌泰 正保 長禄 天仁 文安 保元 和銅


データに間違いやもれがあるかもしれません。 使用は使用者自身の責任において行って下さい。

→TOPページにもどる